オモック・ライフ:ナツメオモリのカスタム③

台風の影響で、全く釣りに行けないです(涙)

使われる日を待っている塗装オモックが、増加中…。

今回のオモックは、模様があるのを作りたいな~と思い、

用意したのがコチラ!!

使用する道具は、あまり変わり映えしませんが…

今回は、レース生地を使用した塗装をしたいと思います。

では、作っていきましょう~。

まずは、ルーターでアイを取り付ける部分を平らにします。

※アイを取り付けない場合は、この工程を飛ばします。

[Amazon.co.jp]

削り終えましたら、洗浄して削り粉を綺麗に落とします。

しっかりと水分を取り除いた後に、シリコンオフで脱脂します。

そして、ミッチャクロンを使い、塗装ノリを良くしましょう。

[Amazon.co.jp]
[Amazon.co.jp]

乾燥後、塗装作業に入ります。

まずは、ナツメオモリ全体を塗装します。

今回は、ベースカラーとなるゴールドで塗装します。

[Amazon.co.jp]

乾燥後、模様を付けたい部分以外をマスキングテープで保護しましょう。

私はナツメオモリの半分をマスキングテープで保護しましたが、

もっと模様を付けたかったり、逆に少なくしたい場合は、それに応じてマスキングテープの保護の範囲を変えて下さい。

[Amazon.co.jp]

レース生地を適当な大きさに切ります。

気に入った模様がある場所を切るのも良いですね。

ナツメオモリにレース生地を被せて塗装するわけですが…

塗装している最中にレース生地が動いてしまい、塗装失敗!!とか嫌ですよね?

そのため、レース生地が動かないように、スプレーのりでくっつけます。

スプレーのりでくっついているとはいえ、剥がれる心配もあるので、

慎重に塗装していきます。

今回の重ね塗りカラーは、緑を選択しました。

緑金カラーが、個人的に好きなので…(笑)

[Amazon.co.jp]

レース生地を剥がすと、このような感じになります。

しっかりと、レースの模様が出来ていますね。

乾燥後、レース生地の塗装をしていない方にグリッターを付けてアピール力を上げようと思います。

マスキングテープを使い、グリッターを付けたくない場所を保護します。

※グリッターを付けない場合は、この工程を飛ばします。

[Amazon.co.jp]

スプレーのりを軽く吹いて、グリッターを適当にペタペタと付けていきます。

クリアーを吹いて、グリッターが落ちないようにします。

[Amazon.co.jp]

フィッシュアイを取り付けます。

アロンアルファでしっかりと取り付けて下さい。

今回は、「あわび目玉」5.5mmを使用。

本当は、6mmを使いたかったのですが、手持ちにありませんでした(汗)

※フィッシュアイを取り付けない場合は、この工程を飛ばします。

[Amazon.co.jp]
[Amazon.co.jp]

「あわび目玉」ですが、一般的なフィッシュアイと比べると厚みがあります。

取り付け後の厚みが気になりそうなら、ナツメオモリのフィッシュアイ取り付け部分を、普段より深めに削るか…

「あわび目玉」にこだわらず、一般的なフィッシュアイを取り付けて下さい。

トップコートを塗り、耐久性を上げましょう。

私は、2度の重ね塗りをしましたが、重ね塗りの回数は好みで前後させて下さい。

[Amazon.co.jp]

はい、完成~!!

…でも良かったのですが

もう少しキラキラとアピール力を上げたいなと思い

「ダイソー グリッター マニキュア」を使い、サイドに1本ラインを入れました。

余談ですが、マニキュアをカゴに入れて、レジに行くのは、少し勇気がいります…

堂々としてレジを通過すれば良いのか?

そうすると、「え?普段から使っているんですか?」

的に思われたりするかも…

オドオドするのも不審者みたいですし…

難しいところです。

ちなみに私は、無心で遠くを見つめて、その時間が少しでも早く過ぎ去るのを待ちます(笑)

こんな感じになりましたが、グリッターマニキュアはお好みで使って下さい。

今回使用したのは、シルバーとゴールドのグリッターマニキュアですが、

別のカラーを使うのも良いですね。

実戦投入の日を待ちます。

でゎでゎ、また次回までサヨナラ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA